父が61歳の若さで亡くなり、母が喪主をつとめた時の話です。

枚方で葬儀を行えるなら私の父は長い間闘病生活をしており、最後は危篤状態が一週間ほど続きました。その間は母を始めとして、姉、私、叔母が交代で看病にあたり、大阪で葬儀費用を安く抑えるポイントはそして、私と母が付き添っていた夜に、静かに眠るように亡くなりました。

誰かが亡くなる瞬間に立ち会ったのはこの時が初めてだったし、紹介できる大阪の家族葬専門施設はましてやそれが自分の父親ということで、私は足がガタガタ震え、何をどうしていいやら分かりませんでした。けれど、母は意外と落ち着いた様子で、病院の先生や看護師さんにお礼を言ったり、見直すなら家族葬専門会館の大阪で駆け付けて来られてた葬儀屋さんとこれからのことを打ち合わせをしたりして、大変気丈に振舞っていました。

父のお通夜・葬儀には、知らせを聞いて、たくさんの方が来られました。喜ばれる直葬なら大阪の葬儀社とそして母は、来られたお一人お一人に丁寧に挨拶をして、お礼を言ったりしていました。また、葬儀屋の担当の方とも綿密な打ち合わせを行ったり、時には相手の方を労ったりして、相変わらず、気丈に振舞い、葬儀においても立派に喪主をつとめあげました。

大海原で散骨出来る大阪ならけれどその後、父の49日が過ぎてしばらくした頃、母は過労から肝臓を患い、1カ月もの入院を余儀なくされました。

そしてその時になってはじめて、私と姉がいい年をして、母に甘え過ぎていたことを自覚しました。私たちは、葬儀で見せた気丈な母の姿を信じて、その心の裏にある悲しみというものに気づいてあげられなかったのです。初めてのことに動揺し、自分都合で「母親は大丈夫」だなんて思ってしまったことを、とても後悔しています。

母のことがあって以来、喪主というのは、思った以上に気を遣い、気苦労が多い役目だなと思うようになりました。そして、愛する人を失った悲しみの中で、いろいろ執り行うことがどんなに大変かということも知りました。

周りの誰かがそっと寄り添い、そしてサポートをしてあげ、喪主をつとめる方の負担を少しでも減らしてあげることが、大切だと思っています。